So-net無料ブログ作成
検索選択

赤毛のゾラと長くつ下のピッピ [本]

クルト・ヘルトの代表作「赤毛のゾラ」も読み終えました。
   
赤毛のゾラ〈上〉

赤毛のゾラ〈上〉

  • 作者: クルト ヘルト
  • 出版社/メーカー: 長崎出版
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



ジュゼッペとマリア 」よりも明快・痛快で良かったです。
納得のいかない・・・って部分もなかったし。

児童書という事もあり最初は子供子供してるな~とは思ったけど
平和へのメッセージ等こめられており深みもあるので
大人が読んでも いい感じ。

ガイドブックやネットで見たクロアチアの風景を思い描きながら
読んでいたらますます、行きたくなっちゃった。

 
映画化もされたそうです。Die rote Zora (http://rote-zora.universal-pictures.de/ )
      
     zora-2.jpg

ゾラのイメージが違うけど・・・見てみたいな~


    
そうそう・・・検索していたらクルト・ヘルト(クルト・クレーバー)の
奥様リザ・テツナーさんはナルニア国物語の第一巻の翻訳をされたそうです。

リザ・テツナーさんも児童文学作家で
世界名作劇場「ロミオの青い空」の原作「黒い兄弟」を執筆。
これはもう大人になっていたので、タイトルを聞いたことがあるなあ~って位です

       
ロミオの青い空 DVDメモリアルボックス

ロミオの青い空 DVDメモリアルボックス

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



そして「長くつ下のピッピ」
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

  • 作者: アストリッド・リンドグレーン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本



「赤毛のゾラ」の題名にもなっている赤毛の少女ゾラには実在のモデルが
いるそうです・・・と書いたのですが

その少女は「長くつ下のピッピ」のモデルにもなっているらしい。
本を映画化された時に読もうと思いつつ、そのままになっています

    ぴっぴ2.jpg

「長くつ下のピッピ」・・・・・・スウェーデンのアストリッド・リンドグレーン作品
「ロッタちゃん」「やかまし村の子供達」

う~ん、ゾラはクロアチアの少女だし、どこで接点があったんだろう?
っと思ったら「赤毛のゾラ」のゾラがモデルになっているということみたい。
なんともややこしい?


とりあえず。。。
児童書が続いてるけど、せっかくなのでピッピも読もうかな♪
 
      ぴっぴ.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0